花粉の季節のこんなお悩み

こんばんは^ ^

寒の戻りに咲いた桜もびっくりですね。

いかがお過ごしですか?




埼玉県川口市のなりたい肌になれる

ケイ素エステサロン ペルシェの中原です。



最近 よく質問されること




「花粉とかで肌が乾燥する~(>_<)」




季節の変わり目&花粉



昔は、春は温かくなり過ごしやすいし

なんだかウキウキする季節だったのに。。。




いまや花粉で辛いから

嫌いな人も多くなってますよね。




私は、毛虫の毛の心配がなくなるので

春は好きです。





あまり聞かないと思いますが

毛虫の毛アレルギーなるものが世の中にあるんです。





皮膚の柔らかいところに、湿疹ができます。

痛くもかゆくもなく、徐々に湿疹が広がり





毛虫本体がお亡くなりになっても

毛に毒があり、風にのって皮膚や

洗濯物につくとなるのでいつ触れたのかも、わからない





私は、大体11月~4月くらいに



毎年のように、いや毎年悩まされます。




今月は2回も湿疹に襲われ(涙)




すぐに治るようになったので良かったですが

悩ましい季節でした。





毛虫は、椿や山茶花が大好きらしいので

たくさん植えられてる方で、寒い時期に

謎の大湿疹に襲われたら

毛虫の毛を疑ってみてください。





毛虫の季節ではないので、お医者さんも

見逃してしまう厄介な湿疹です。




アレルギーがない方は、大丈夫みたいです。





毛虫の毛対策は、

①寒い時期は、洗濯物を外に干さない

特に風が強いときは要注意!!



②腸をきれいにする!

自己免疫を鍛えます。

これは、毛虫の毛に限らずにアレルギー全般にいえますね。





話を元に戻して





乾燥している肌って

例えるなら



「鎧を着ていない状態」




外敵から守られていない状態なので

花粉やマスクの刺激で

より乾燥してしまいます。




この対策は、保湿あるのみです!!




ペルシェの保湿は、薄い油と多めの水分で

被膜を作る感じ





これを数回←個人差あるので数回と書きます。




よく保湿というと油分やクリームと思いますよね。




実は、潤いのあるお肌の水分と油分のバランスは

8:2くらいで水分多めなんです。





昨日、乾燥してるなぁ~ッと思ったあなた

保湿を1回~2回、(油分少な目水分大目)

を心掛けてみてください。




昼の乾燥には、お化粧の上から

水分補給をしっかりしてみてください。


(ペルシェ取扱いの化粧品に限りなので、

お手持ちの化粧水でするときは、アドバイザーや

メーカーに確認してみた方がいいと思います。)




保湿というバリアで、花粉のシーズンを乗り切りましょう。

4回の閲覧

©2019 ペルシェ . All Rights Reserved.